やる気スイッチON

アンダーマイニング効果によってやる気が低減

メリットだらけの「やる気スイッチ」を探そう!

アンダーマイニング効果を考察

内発的(報酬などを求めず、自分がそれをしたいからする)に動機づけられて行う行為に対し、金銭など物質的な報酬を与える。外発的動機づけを行うことによって、動機づけが低減する現象をアンダーマイニング効果と言います。一体、どのような効果なのか見ていきましょう。

アンダーマイニング効果とは?

金銭など、外的な報酬を求めずに自ら進んで行った行為、例えばボランティア活動などを想像してみてください。お年寄りに親切にする、道路の掃除や雪かきをするなどでもいいでしょう。この場合の行為は、金銭などの外的報酬を求めずに役にたって嬉しい、達成したいという内発的動機づけによって行動しています。
しかしある日突然、それらの行為に対して金銭などの報酬がもらえるようになったとします。お年寄りに親切にしたら2,000円もらえる、雪かきをしたら5,000円もらえるなどです。そうすると不思議なことに、報酬がなければそれらをやりたくないという気持ちになってしまうという現象が起こります。そもそもやりたいからその行為をやっていたのであって、金銭を求めて行動していたわけではありません。つまり、無意識のうちにその行為に対して求める対価(価値)が置き換わってしまったのです。いつの間にか、金銭などが得られないなら行動する意味がないと判断するようになってしまうのですね。これがアンダーマイニング効果です。

外発的・内発的モチベーション

人の意欲には大きく分けると二種類あります。一つ目は外発的モチベーションです。頑張ることで物質的な報酬を得ようとする意欲です。もう一つは内発的モチベーションと呼ばれるものです。こちらは、やっている仕事や遊びの内容自体に楽しさや充実感などを感じて頑張ろうとする意欲です。一般的には、内発的モチベーションの方が持続的で集中力が高くなり、良い結果を生みやすいと言われています。
しかし、この内発的モチベーションはちょっとしたことがきっかけで簡単に外発的モチベーションに変わってしまいます。外的報酬を与えられると、その後はもう報酬なしで仕事をするのがばからしくなってしまうからです。報酬を期待して出したやる気は、その報酬がなくなると消えてしまいます。そして、それだけではなくもともとあったやる気、内発的モチベーションまでも消してしまう恐れもあるのです。

具体例で解説

ある親子の話です。小学生の子供が、学校でやった理科の実験がとても楽しかったのでそのことについて色々と調べていました。すると、それを見ていたお父さんは嬉しくなり、一生懸命な子供に対してご褒美としてお小遣いをあげました。もちろん、お父さんに悪気などはなかったのです。その調子で頑張れ、という気持ちで良かれと思ってした行為です。
しかし、上記で述べたようにアンダーマイニング効果を考えれば、その子供は今後、お小遣いをもらわないと勉強しなくなるかもしれません。子供の心の中でせっかく芽生えた、もっと知りたい!という純粋な好奇心はお小遣いという刺激的な報酬によってどこかへ追いやられてしまうかもしれないのです。もちろん必ずそうなるとは限りませんが、外的報酬を与えることで内発的モチベーションが消えてしまう恐れがあるということです。内発的モチベーションに火がともったら安易な外的報酬でそれを消さないように注意が必要だということですね。