やる気スイッチON

やる気は周囲にも好影響

メリットだらけの「やる気スイッチ」を探そう!

周囲に及ぼす好影響

仕事に対して「やる気」がある人。そういう人がいると、職場の雰囲気がとても良くなると感じたことはありませんか?やる気のある人に周囲の人も影響されて個々のやる気にもつながるからです。ぜひ、あなた自身が率先してやる気を出し、周囲を引っ張っていきましょう。

みんなにもパワーを与える

仕事をしている時、やる気がある人を見ると何だか自分にもやる気が湧いてきませんか。あの人も頑張っているんだから自分もやらなきゃと、そう思うはずです。そういった人がいることで職場の雰囲気に影響があるということ、それは相手にもやる気を与えるということです。これは現場にとって、非常に良いことです。

職場の雰囲気が良くなる

やる気のある人、頑張っている人が近くにいることによって、職場の雰囲気が良くなります。やる気のない人は見たらすぐにわかりますよね。そういう人を見ると、やっぱりこちらもどんよりとした気持ちになってきて、頑張って働いているのがばかばかしくなってきます。しかし、やる気のある人を前に仕事をしていると職場は明るくなりますし、テキパキ動いたりととにかく見ていて気持ちが良いですよね。そんなやる気のある人がいると、朝だからといってだるそうにしてる自分がばかみたいに思えてきてしまうものです。
このやる気が良い意味で職場に感染してくれれば仕事のスピードはアップし、みんなのやる気も俄然出てくるという良いスパイラルが引き起こされるのです。あなたにやる気があるのであれば、他の人にもどんどん感染させてみんなでより良い仕事をしていきましょう。やる気がある人がいることで職場の雰囲気に影響があるということ、それは、職場の雰囲気を良くしてくれるということです。

仕事の効率がアップする

職場の雰囲気に影響がある、それは仕事の効率がアップするということです。やる気のない人が職場にいると、それは行動や態度にも出ます。それでは本当に仕事が進みません。つい、自分も相手に影響されてやる気がなくなったりするものです。しかし、やる気がある人は仕事をどんどん進めようと率先して動くので仕事がはかどります。更にやる気がある人によって影響された他の人たちも加わり相乗効果が生まれ、より効率がアップし、仕事がどんどん終わっていくでしょう。やる気のある人がたくさんいればいるほど、仕事の効率もスピードもアップするので、上司が率先してやる気を見せるともっと早いかもしれませんね。このような人が職場にいると、自分もダラダラやっていられないと急かされる思いになります。そういう人が職場にいると、仕事がどんどんはかどるでしょう。