やる気スイッチON

やる気のために工夫した休暇をとろう

メリットだらけの「やる気スイッチ」を探そう!

時には思い切って休暇を取る

仕事に限らず、趣味や家事などはやる気が原動力になります。しかしやる気は常にあるわけではありません。趣味であってもやる気が続かない、全く出ないなんてこともあります。やる気がどうしても必要な時、どうすれば回復するでしょうか?

どうすればいい?

やる気を出すためにインターネットで調べたことはありますか?「ポジティブに考える」、「とりあえず行動してみる」、「目標を決めて努力する」など、実際に参考になる情報はとても少ないです。これらができる人は恐らくすでにやる気があり、問題にならないでしょう。ではそうではない場合はどうすればやる気を引き出せるのでしょうか?

やる気を上げる方法

やる気を出す方法として一つ目は、リフレッシュです。何をしてもやる気が出ない、集中できない場合はリフレッシュをしましょう。「やらなきゃいけない作業があるのに」と思われるかもしれませんが、「やる気が出ないけどやらなければならない」状況だと集中力が続かず、そのように過ごしているとストレスがたまり、作業効率もとても悪く無駄な時間になってしまいます。やる気が出ないならば他に没頭できることに時間を使い、やる気が出てくるのを待つ方が効率が良いです。リフレッシュをしていれば徐々にやる気が出てくるかと思います。
二つ目は、「何もしない」ことです。リフレッシュより無駄だと感じるかもしれませんが、リフレッシュすら面倒なときこそおすすめです。ベッドに横になる、スマートフォンやタブレットをいじる、好きな漫画や雑誌を読むなど、とにかくダラダラと過ごしましょう。一見完全に無駄な時間ですが、上記に書いた通り、やる気が出ない状態でダラダラと作業する方が無駄な時間になります。こういう時は頭を空っぽにしてゆっくり休みましょう。「何もしない」ことに飽きてくる頃にはやる気が戻ってくると思います。

やる気を上げるために必要な事

やる気を出すために必要な事とはいえ、リフレッシュしたり何もしないのは罪悪感を感じるかもしれません。ですが、これらはやる気を出すために必要なことであり、遠回りすることであえてやる気を出すのを早めているのです。何もせずダラダラ作業していると、やる気が回復するまでより時間がかかります。やる気を出すために積極的にリフレッシュ、「何もしない」を行うことにより、いつもよりやる気が回復するのが早いのです。こういう時こそ、有給休暇を有効活用してみてはいかがでしょうか。