やる気スイッチON

リズムでやる気を引き出す

メリットだらけの「やる気スイッチ」を探そう!

音楽を聞いて体のリズムを変える

音楽は気持ちに変化を与えます。それは一体なぜなのでしょうか。例えばスポーツ選手は試合前に音楽を聴いてやる気を高めている人が多いです。落ち込んだら音楽を聞いて癒すって人もいますね。そのように音楽は人に良い効果をもたらすのです。

音楽のリズム

音楽にも多種多様なものがあります。リラックスできるものもあれば、落ち込んだり、怖いと思ってしまう音楽もあるでしょう。ポジティブな音楽が嫌いという人もいるかもしれません。年代によって聞く音楽は異なり、演歌やJ-POPなど様々です。好きな音楽を聞いてる時は、気分ががらっと変わったりリラックスしたりと、心にいろいろな効果があります。リズムセラピーというものがあるほど、音楽は心と体に関わってきます。
体には心拍数や代謝、体温などたくさんのリズムがありますし、感情にもリズムがあります。落ち込んでいる時と楽しい時は気持ちが違いますし、好きな事、嫌いな事をしている時でも違います。落ち込んでいる時や嫌いな事をしてストレスがたまると、免疫力が下がり病気になりやすくなったりします。それくらい体と心は繋がっています。しかし音楽を聞くと感情を変える事ができます。それによって体のリズムを変える事ができるのです。

体のリズム

病気や怪我をすると体の一部、もしくは全体のリズムに狂いがでます。ですが、そのリズムを元に戻したりエネルギーの高い状態にすると、病気や怪我の回復も早いと言われています。例えば、笑顔はがん細胞に効果があると言われています。これは笑うと高いエネルギー状態になり、免疫力を上げることで病気に反応しているのです。ですので大好きな事をしている人はそれだけで病気が吹き飛ぶようなエネルギーを持っています。やりたくない仕事をしてストレスを感じるより、大好きな事を仕事にすれば充実した楽しさが続くかもしれません。
好きな事を仕事にするのならば、付き合う人も考えましょう。嫌いな事をしている人より同じように好きな事をしている人の方が、自身の理想の人生になるためのリズムを吸収できます。もし一歩踏み出せない、居心地がよくて行動できないなどの人は、付き合ってる人のリズムに依存しているのかもしれません。リズムは人生にも影響を与えます。

リズムを理解しよう

では、理想のリズムとはどのような状態でしょうか。やりたい事や行きたい場所、充実して楽しいといった気持ちになる事が高いエネルギー状態となります。しかし、エネルギーが高すぎても低すぎてもよくありません。嫌な事をした後に好きな事をした時のエネルギーのギャップが、また嫌な事をする時の気分の落ち込みに繋がるのです。逆に言えば将来楽しい事があると考えるからこそ現状の嫌な事に取り組めるとも言えます。
しかし、嫌な事に取り組むより、本当にやりたい事を見つけ充実する事の方が理想です。やりたい事に取り組む方が、エネルギーが高まり魅力的に見えます。感情は周囲に影響を与えます。好きな事をしているエネルギーがあれば、勇気付けられたり、やる気が高まったり、癒されたりなど良い影響を与える事ができるのです。