やる気スイッチON

転職をして変えるべきは職場か仕事か

メリットだらけの「やる気スイッチ」を探そう!

変えるべきは職場か仕事か

仕事で悩んでいませんか?転職するのが手っ取り早い解決策ですが、本当にそれでいいのでしょうか?一時の強い感情だけで決めていいのでしょうか。職場を変えるのか、仕事を変えるのか、どちらかが良いかはっきりしないまま転職をするよりも、どちらが強い動機かを把握してから転職を考えましょう。

職場を変えるとは

「職場を変える」というのは今の職場の雰囲気や風土を変えるのではなく、今の職場を辞めて別の職場に転職するという意味です。転職となると悩む人はたくさんいるでしょう。人間関係や給料、残業、精神・肉体的な悩みなど、転職を考えるきっかけは人それぞれですが、転職したから解決するかというと100%そうだとは言い切れません。良い結果にならないこともあります。頑張って転職したのに「失敗した」「前の職場の方が良かった」などと感じる人も少なくありません。そうならないためには、「自分はどうしたいのか」を把握しておくことが大事です。
職場を変えると新しい環境が手に入ります。人間関係が悩みだった場合、一から新しい人間関係を築くことができますし、悩みがなくなることでモチベーションが上がります。また転職することで新入社員のような気持ちになり、気分も一新し「頑張るぞ!」という気持ちになります。結果、仕事へのやる気が出て生産性や効率アップに繋がります。また仕事の幅が広がり、発展的な仕事に関わることができたり、給料アップすることも可能です。

仕事を変えるとは

「仕事を変える」というのは、今いる職場で従事している仕事ではない別の仕事に就く、もしくは今いる職場を退職して別の職場に転職しこれまでやっていた仕事ではない仕事に従事する、という意味です。「仕事を変える」のは人生の転機とも言えます。同じ仕事に就いていれば知識・経験の積み重ねでその道のプロになることもあるでしょう。トップマネジメントなども可能です。しかし同じ仕事ばかり続けていると思考回路が一定で、自分の枠を超えるといったことが難しくなります。そういう点では「仕事を変える」というのは今の自分へのチャレンジでもあります。経験のない仕事に就くのは、未開発な部分に足を踏み入れるということです。自分への期待もあり、不安もあると思います。

どちらが良い選択か

どちらにもメリットはあります。転職を考える時、どのように考え選択すればいいのでしょうか。もし今の仕事ではないやりたい仕事があるのならば、まずは今勤めている職場に相談してください。相談してもチャンスがなければ転職を考えましょう。人間関係ならば、上司や人事関連の担当者に相談しましょう。自身が移動せずとも解決する場合がありますし、配置転換という形で解決する場合もあります。
転職は大きなチャンスでもありますが、リスクももちろんあります。しかし最近では、転職サイトのキャリアコンサルタントなど、無料で相談できるサービスが多くありますので、それらを上手に活用しより良い仕事を得ましょう。